RECRUIT HOME > 先輩社員インタビュー

RITSUBI GROUP

先輩社員インタビュー

さまざまな部署で活躍している先輩社員たちに
入社理由や仕事内容などをインタビューしました。

INTERVIEW
渡邉 誉弘
メディカル事業部

渡邉 誉弘

2016年度新卒入社
岩本 実紗
メディカル事業部

岩本 実紗

2018年度新卒入社
岡部 諭典
メディカル事業部

岡部 諭典

2015年度新卒入社
田中 廣伸
メディカル事業部

田中 廣伸

2018年度新卒入社
渋谷 はる奈
エステティック事業部

渋谷 はる奈

2017年中途入社
深澤 洋輔
エステティック事業部

深澤 洋輔

2016年度中途入社
柴田 久仁子
エステティック事業部

柴田 久仁子

2017年度中途入社
水元 博規
エステティック事業部

水元 博規

2017年度中途入社
田邉 さやか
エステティック事業部

田邉 さやか

2014年度中途入社
大井英和
エステティック事業部

大井英和

2013年度中途入社
德永 佳菜子
EC事業部

德永 佳菜子

2018年度新卒入社
河野 浩大
技術サービス部

河野 浩大

2016年度中途入社
01
INTERVIEW

メディカル事業部
プロダクト
マーケティング職

渡邉 誉弘

Watanabe Takahiro

2016年度
新卒入社
渡邉 誉弘

仕事内容&やりがい

もともと入社を決めた理由の一つとして、「色々な仕事をやってみたい」という想いがありました。現在は主にプロダクトマーケティングを担当していますが、マーケティングと言ってもすごく幅が広い仕事です。製品についての情報収集・製品をどう市場に販売していくかを考えるところから、契約に関する業務・商品を販売する準備や販促物の作成・営業同行も経験しました。想像していたよりも様々な仕事を任せてもらえて、とてもやりがいのある仕事です。

就職活動のポイントは?

幅広い業務に携わり、早いうちから経験を積んで考え方の幅を拡げたいと思い、入社を希望しました。就活の際には、「やりたいこと」だけではなく、「どんな環境で働きたいか」という視点も大事にしてください。自分が働きたい環境であれば、常に良いパフォーマンスで仕事をすることができます。説明会や面接では、働いている人たちやオフィスの雰囲気もよく見て、自分が入社して働いている姿を想像してみてください。
業界や職種に縛られずに様々な企業を見てみると、きっといい出会いがあるはずです!

02
INTERVIEW

メディカル事業部
プロダクト
マーケティング職

岩本 実紗

Iwamoto Misa

2018年度
新卒入社
岩本 実紗

仕事内容&やりがい

現在はメディカル事業部のマーケティング職として商品の立ち上げを担当しており、新商品の立ち上げに関わる情報収集や契約に関する対応、販促の準備等を行っています。新商品を日本のドクターにご提案を行うイベントがあり、事前にメーカーからいただいた英語の資料を日本のドクターへ向けて翻訳し、プレゼン資料を作成しました。開発に関わったアメリカの有名なドクターから「この資料があったから、日本のドクターにも分かってもらえたよ。ありがとう」と言われたので、なかなかそういう機会もないので嬉しかったですね。その後、日本のドクターから新商品に対して良い反響をいただき「使いたい!」と言ってもらえていることも、自分の業務に対する自信に繋がりました。

入社を決めた理由は?

元々、英語を使いながら海外の人と関わる仕事に興味があり、大きな企業に入って歯車として働くのではなく、自分で考えて挑戦できる環境で働きたいと思っていました。あとは、選考会の際に、いろいろな方が「オンリーワンの商品を扱っている」と仰っていて“この会社にしかできない、自分だけにしかできない仕事がある”」とも感じました。1から100まで全部教えてもらうのとは違い、自分自身で考えて行動を起こしていける環境であるところは私とマッチしていたと思いますし、様々な業務に携わることで自分の持っている可能性を広げていけることもやりがいの一つになっています。

03
INTERVIEW

メディカル事業部
コンサルティング
営業職

岡部 諭典

Okabe Tsugunori

2015年度
新卒入社
岡部 諭典

仕事内容&やりがい

商品をご提案する相手は専門知識が豊富なドクターなので、大学時代に身につけた理系の知識だけでなくマシンの知識や学術情報など幅広い情報を持つ必要があります。大変な仕事ではありますが、自分自身が提案した医療機器がお得意先に導入されたときはとてもやりがいを感じます。また、導入後にドクターから、「施術を受けられたお客様が喜ばれていた」というフィードバックをいただくと、やっぱり頑張って良かったなと思いますね。

リツビに入社を決めた理由は?

元々、大学院で医薬品の研究をしており、近年活気のある美容医療マーケットに魅力感じていました。エステティックマーケットと美容医療マーケットの両方に商品を販売しているリツビグループだからこそ、幅広い切り口で商品のご提案が出来る部分に魅力を感じ入社を決めました。

04
INTERVIEW

メディカル事業部
コンサルティング
営業職

田中 廣伸

Tanaka Hironobu

2018年度
新卒入社
田中 廣伸

仕事内容&やりがい

採用サイト等では営業職と呼んでいますが、実はドクターにお渡しする名刺には「クリニカルコーディネーター」って書いてあるんです。これは、ただの物売りではなく、ドクターのご要望に合わせたコンサルティング提案をしていくことも含んでいて、高額な商品を取り使っているからこそ、相手のことをヒアリングしてコンサルティングをする力を磨いていかないといけないなと感じます。自社の商品のことはもちろんですが、経営について学んだりと、自分の力を高めながら営業職以上のことができるというのも、この仕事の魅力だと思います。

リツビに決めた理由は?

元々、大手企業を視野に入れながら就職活動をしていましたが、日本に最先端の機器を輸入していて、海外とのつながりのある企業であったところからリツビに興味が湧きました。就職活動を続けていくうちに「何を目標にして働くか」という部分を大事にしたいと思い、10年後の目標やシェア率が明確になっている部分に魅力を感じ入社を決めました。

05
INTERVIEW

エステティック事業部
プロダクト
マーケティング職

渋谷 はる奈

Shibuya Haruna

2017年度
中途入社
渋谷 はる奈

仕事内容&やりがい

サロン様からエンドユーザー様に喜んでいただけるよう、新商品の立案から発売に至るまでの業務、また担当ブランドの販促企画やツールの立案、SNS運用等、仕事は幅広いです。BtoB企業のため、正直エンドユーザー様からの声が私まで届きにくい点はありますが、だからこそ、エンドユーザー様の喜びの声が聞けた時のうれしさは格別です。華やかな職種に見えることが多いですが、実際は地道な業務の積み重ねで苦労も度々あります。そのため、私たちからサロン様へ、そしてサロン様からエンドユーザー様へ。時間を掛けて作り上げた1つの商品や企画が多くの人の手を渡って、このBtoBtoC皆さまに(BtoCの商品よりもより多くの方に)、喜びをお届けできているんだと達成感やうれしさ、やりがいを感じることができます。

入社を決めた理由は?

前職は効果・結果よりも肌に優しい、ナチュラルであることを最優先とした商品開発でした。リツビの“トレンドには左右されず、効果・結果がでる商品にこだわっている姿勢”に、本物の美を世の中に提供できる商品に携われるのではないかという思いが強まり選びました。 そういった商品のおかげもあると思いますが、社員もきれいな輝いている女性が多く、女性として憧れてしまうほどで、そんな皆さんと働けていることに喜びを感じます。 業務においては、多岐に渡る業務を任せてもらっており、ルーティンはほぼありません。そのため壁にぶつかることもありますが、ぶつかりながらも自ら積極的に取り組んでいかないと進んでいかないところに面白みを感じています。

06
INTERVIEW

エステティック事業部
コンサルティング
営業職

深澤 洋輔

Fukazawa Yosuke

2016年度
中途入社
深澤 洋輔

仕事内容&やりがい

営業職として、サロン様のコンセプトに合った商品やメニューを組み立て、ご提案を行っています。商品を導入いただいたサロン様から、「売り上げが上がった」と伺うこともやりがいの一つになっています。 サロン様を訪問した際に、先生から「次に来るお客様は、エクスビアンスで変わったから見てあげて!」と言われ、お客様から直接お礼の言葉をいただいたことがありました。「リツビは本当に良い商品を扱っている」と実感すると同時に「お客様の人生を変えられるような仕事をしている」ことを再認識し、リツビの商品で笑顔になってくださるお客様を増やしていくため、日々業務に取り組んでいます。

リツビのいいところは?

チームとして助け合って業務に取り組んでいる点です。「何か困ってそうだな」というときに先輩から情報やアドバイスをいただいたり、忙しい中でも私のスキルアップのために時間を割いてくれたりと、他の人に対して手厚く接しているところがリツビの良い所だと思います。

07
INTERVIEW

エステティック事業部
アドバイザー

柴田 久仁子

Shibata Kuniko

2017年度
中途入社
柴田 久仁子

仕事内容&やりがい

私は前職までエステティシャンでしたので、自分が現場で動いていた時に欲しかったアドバイスの答えを探していくことに面白さを感じています。
問題解決のお手伝いをすることで、エステティシャンの方がより自分らしく輝くきっかけになれたらと思っています。
訪問時の「その方法良いね。やってみる!」というお言葉や、講習会で見られるワクワクしたお顔が私の力の源であり、やりがいです。

仕事をする時に心がけていること

ヒアリングを徹底し、その方の考えと自分の話がずれない様にすることですね。それぞれのサロンさんやスタッフさんに合ったお話をできるよう心がけています。
また、現場のリアルな動きと繋がる“すぐそのまま使えるフレーズ・行動”をお伝えし、サロン様に対してお役立ちできるように日々頑張っています!

08
INTERVIEW

エステティック事業部
コンサルティング
営業職

水元 博規

Mizumoto Hiroki

2017年度
中途入社
水元 博規

仕事内容&やりがい

前職までで培ってきた営業のやりかたが更に磨かれ、毎日成長を感じながら業務に取り組めています。1つの案件に対しても、私の中に無かった意見やヒントを頂くことも多く、リツビ一丸となって業務に取り組んでいると感じます。
業務においては、サロン様からの要望に対して1つ1つに確実にこなしていくこと、いかに早く的確に対応するかということを大切にしています。リツビの営業職がお会いするのは、サロンの経営者の方ばかり。だからこそ、YES/NOという回答たけで終わらせるのではなく、もっとサロン様のプラスになる情報やサポートできる部分を探すことを心がけています。

リツビのいいところは?

「以前から使用しているリツビの商品が最高なの!」とおっしゃり、最新型の商品の導入に至らないことがあるほど、リツビは長く愛されている商品が多いと思います。市場の流行に左右されず、独自のマーケットを開拓してきた商品力はリツビの大きな強みです。
また、「美と健康を通じ、日本中の人々、そして世界中の人々を幸せにする」という理念を実行するために、会社全体の向かっている方向が一緒だと感じています。だからこそ、サロン様に私達の想いを本気でお話できますし、私達と一緒に多くの方々へ幸せを届けるための “取り組み”をしてくださるのだと思います。

09
INTERVIEW

エステティック事業部
アドバイザー

田邉 さやか

Tanabe Sayaka

2014年度
中途入社
田邉 さやか

仕事内容&やりがい

エンダモロジー、サーモシェイプといった唯一無二のマシントリートメントを日本中に広めていく仕事に大きなやりがいを感じています。
他メーカーの追随を許さない圧倒的なスペック、効果、ブランド力。
この商品を取り扱える事に誇りと、絶対的な自信があるからこそ、やりがいを感じられているのだと思います。
どのような言葉を選び、どのようなデモンストレーションを行うとこの価値がより伝わるのか。それらを考え、実践していく事は、他の仕事では得られないおもしろさを感じています。

リツビのいいところは?

意見やアイディアを、自分からどんどん発信できるところや、社歴に関係なくやりがいのある仕事を任せてもらえるところだと感じています。新卒・中途に関係なく、様々な仕事に携われるところはリツビの特徴の一つだと思います。

10
INTERVIEW

エステティック事業部
コンサルティング
営業職

大井 英和

Oi Hidekazu

2013年度
中途入社
大井 英和

仕事内容&やりがい

美容メーカー、化粧品メーカーを経て、美容機器・化粧品を取り扱う専門商社&メーカであるリツビへ入社しました。 当社で扱っている商品は、業界でもトップクラスの「確かなデータに裏付けされた商品」ばかり。自信を持ってお客様へ提案する事が出来るのが営業として一番の強みです。

リツビのいいところは?

営業職ですがエクスビアンスという化粧品ブランドの責任者として、商品の立ち上げや販売戦略の作成などの幅広い業務を担当しているのですが、リツビ全体として「やりたいことを形にできる」という部分が良い所だと感じています。大きな責任・やりがいのある仕事を任せていただいているからこそ、大変なこともありますが、それを乗り越えることで、成長できているのだと思います。

11
INTERVIEW

EC事業部

德永 佳菜子

Tokunaga Kanako

2018年度
新卒入社
德永 佳菜子

仕事内容&やりがい

私が所属するEC事業部は、2018年度に立ち上げたばかりの部署です。その為、より幅広い業務に携わることができると感じています。
私は、入社してすぐにテスト販売にて使用するランディングページの修正業務を行いました。
テスト販売は、お客様の反応がすぐに分かるので、面白い反面、怖さもあります。そんな中で、自分の考えた言葉やコンテンツが形になり、お客様の反応を得た時は、商品の良さを伝えられた喜びと、必要としているお客様のもとに商品を届けられたという喜びを感じました。

入社を決めた理由は?

私が就活をしていた年の、当社の選考に1泊2日の選考がありました。時間とお金と労力をかけて、学生1人1人と本気で向き合おうとしてくださっているのだと強く感じました。商品にも人材にも真剣に向き合う社風の中で、その想いに共感した社員の方々と働きたいと思いました。

12
INTERVIEW

技術サービス部

河野 浩大

Kohno Koudai

2016年度
中途入社
河野 浩大

仕事内容&やりがい

現在担当しているのは、マシンのメンテナンスです。もちろんマシンを直すことも大切なのですが、一番重要なのはお客様とのコミュニケーションだと感じています。実際にクリニックやクリニックなどのお客様先へ伺うと、マシンを使っているスタッフ様やサロンのオーナー様にお会いするのですが、考え方が違ったりするんですよね。そこを相手に合わせて対応を変えてどんどん改善しながら接していくという、メンテナンスにとどまらない人と人とのつながりを大切にできる仕事だと思います。取扱メーカーもだんだん増えてきているで、色々なものに触れて知識が増えていくのも楽しさの一つになっています。

リツビのいいところは?

前職でもメンテナンス関係の仕事をしていましたが、「自分一人で何もかもできてあたりまえ」という雰囲気でした。もちろん自分ひとりで仕事ができることは重要なことだと思いますが、周りの社員と協力をしながら仕事に取り組める環境というのは良い所だと思います。特にメンテナンスでお会いするお客様は、マシンを使用したエンドユーザー様への施術の予約を抱えています。マシンが動かない間は、お客様に迷惑がかかってしまうからこそ早く正確に対応をしなければなりません。だからこそチームで協力できる雰囲気があることはありがたいですし、頼りになる方ばかりなので、安心して業務に取り組むことができています。